記事一覧

GAME


0 A.D.

ArmAU

FF XIV

FF XIV ボス紹介 @

FF XIV ボス紹介 A

FF XIV ボス紹介 B

FF XIV ボス紹介 C

FF XIV モンク

FF XIV 竜騎士

FUEL

Hotline Miami @

Hotline Miami A

Legend of Grimrock @

Legend of Grimrock A

TERA 解説 @

TERA 解説 A

TERA ボス紹介 @

TERA ボス紹介 A

TERA ボス紹介 B

TERA おぱんつ紹介

TERA 水着紹介

Thief Deadly Shadows


MOVIE


SCARFACE

Sonatine

Game of Thrones


BOOK


ONE PIECE 『Dの謎』

ONE PIECEA ドラゴン

うちの居候が世界を掌握している!

うちの居候が世界を掌握している!2巻

うちの居候が世界を掌握している!3巻

うちの居候が世界を掌握している!3.5巻

うちの居候が世界を掌握している!4巻

うちの居候が世界を掌握している!5巻

最弱無敗の神装機竜

最弱無敗の神装機竜2

すべてがFになる

冷たい密室と博士たち

マギ

盟約のリヴァイアサン

盟約のリヴァイアサン2

盟約のリヴァイアサン3


BRAND


DENHAM

Spring Court

ゴルフクラブ


BAND


Rammstein

the GazettE

SID(シド)



-各50音順-

Hotline Miami 解説


2013年5月21日



〜脳髄めがけて突っ込んでくる狂気の衝動〜 


どうも皆さん、「夜通しキャンプファイヤー」でのAB型担当、UNJIROです。
今回は2012年にスウェーデンの二人組、Dennaton Gamesが開発した女子供にゃ絶対薦められないゲーム、Hotline Miamiについてあれこれ述べていきます。



80年代のマイアミ。そこは狂気と混沌でしか構成されていないようだ。


 

 Hotline Miami の舞台は80年代のマイアミ。その設定を聞いて筆者の場合一番に思いつくのは、アル・パチーノ主演の映画「SCARFACE」。筆者の一番好きなギャング映画であり、「漢」の生き様、成り上がりと成り下がりをいっぺんに味わえる最高の映画だ。

「SCARFACE」には"The world is yours"(世界はあなたのもの)という言葉が出てきて、この映画のテーマの一つになっている。Hotline Miami をプレイした後、この言葉は当時のマイアミの暗黒面を象徴したものだと個人的に思えてならない。そんな筆者の見解(こじ付け)は置いといて Hotline Miami の解説へと参ろう。



映画「SCARFACE」より。気球には"The world is yours"の文字。


圧倒的暴力表現に裏付けされた確かなゲーム性。


 まずこのゲームを分類するならば、「見下ろし型ステルスアクション」だ。動物のマスクをかぶった主人公を操り、ステージ内のロシアンマフィアを片っ端から惨殺していく。

 武器は素手を含めた近接武器とマシンガン等の遠隔武器の二種類に分けられる。近接武器は射程が極端に短いが音を全く発さないため、視界に入らなければ近くの敵にすら気付かれない。遠隔武器は遠くの敵も殺傷できるが、銃声が発生するため遠くの敵にも気付かれてしまう。 といった具合だ。







スレッジハンマーで倒したので隣の部屋の敵には気付かれていない。凶暴な犬もいる。





このゲームの特筆すべき特徴は数あれど、まず目を引くのはその圧倒的な暴力表現だ。今時めずらしいドット絵のゲームだが、滑らかに動くキャラクターと大量の血しぶき、敵のもがき苦しむ様等、実にリアルで生々しく表現されている。また素手等で転倒させただけでは人間は死なない。トドメを刺す必要があるのだ。







倒した男にマチェットでトドメを刺している。ほとばしる血、損壊された肉体など妙に生々しい。

その上には高得点の文字。こら狂気と混沌だわー。









 また敵は通常、武器の攻撃一発で絶命させることが可能である。だがこれはなんとプレイヤーにもあてはまることなのだ。死んだらやり直し。そうなるとものすごくチマチマ慎重に一人一人丁寧に暗殺しなくてはならなくなりそうだが、そうはならない。プレイヤーはボタン一つ、一瞬で復活できる。このことにより、何度も生き返っているうちに敵の動きを覚え、スタイリッシュに惨殺できるようになっていくのだ。











スタイリッシュに惨殺し、コンボで高得点を目指そう。









 敵は音には敏感だがプレイヤーがちょっと逃げるとすぐに見失う。だがそのバカっぽさがないとプレイヤーはスピーディーに行動できない。そのバランスがちょうどいい。繰り返し挑んでスタイリッシュに決めてやろう。








ステージをクリアした頃には文字通り血の海。




高揚させる80年代風テクノ音楽が狂気の沙汰を演出。


 Hotline Miami を語る上で決して避けられない点として、音楽が一貫してすばらしいという点がある。多数アーティストが参加しているということもあってクオリティが高く、後にサウンドトラックが別途発売されるほどである。この音楽は全体的に音量がでかい。脳髄にリズムで刺激してくる。



"Knock Knock" - Scattle (Hotline Miami OST)

この曲は個人的にものすごくかっこいい。



 ゆらゆら揺れる画面、ギラギラしたネオンのような配色。そして音楽に乗せてロシアンマフィアを惨殺→生き返る→惨殺→生き返る→惨殺→・・・を繰り返しているとものすごくよろしくない変な気分になってくる。是非ヘッドホン着用でプレイしていただきたい。




謎が謎を呼ぶ狂気のストーリー。 "The world is yours"


 筆者はHotline Miami を購入前にトレイラーを見た。その内容は虚ろな目をした男がマスクを被り、血まみれになりながら女性を助けるという内容だった。そのかっこいいトレイラーを見て、「悪いやつらを倒しまくってさらわれた女性を助けるマリオ的なアレなんだろう。」と勝手に思っていた。 実際はじぇんじぇん違ってた。



Hotline Miami Launch Trailer

これがそのトレイラー。マリオ的だね。



チュートリアルできったないおっさんに操作方法を教わった後、謎の覆面三人組に意味深なことを散々言われる。そして自分の部屋。んで留守電を聞いてその場所に行って惨殺。仕事終わりにスーパーやCDショップなんか行って帰宅。この流れはストーリーが進んでも変わらない。 狂気の惨殺以外はリーマンみたいだ。








小包にメモとニワトリマスク。これを手に主人公は何の躊躇もなく惨殺へ出かけてしまう。









進んでいくうちに確かに女性を助けはする。が、主人公は自分の犯した事件の新聞記事を眺めながら惨殺を続けていく。女性はというと主人公の家に居座り、掃除やらお風呂やら。

プレイしている自分はというと、不思議なまでに夢中になってこの狂気のサイクルを続けている。劈くテクノにのせられながら淡々と殺戮していく。理解しようとしてもなにがなんだかわからない。でも楽しいのだ。

 そんなこんなで進んでいると、ある日をきっかけに殺戮以外の日常も狂気染みてくる。謎の覆面三人組も出てきて意味深な疑問を投げかけてくる。殺戮が好きか・・・だってぇ?









狂気の日常。わお俺の家でなにやってんの。









ここから先は急展開。どれが現実で空想なのか区別がつかなくなってくる。ここから先は言わない。是非皆さんにHotline Miami をプレイしてほしい。
一度プレイし始めると先が気になるのもそうだが、何より楽しい。数時間で一気に走りきってしまうだろう。
また明確な答えが示されていない今作は、プレイヤーによる様々な解釈があちこちで述べられている。それらは非常に興味深く大変楽しい。是非、自分なりの解釈を持ってからそれらを眺めてみよう。


・・・といいながら筆者も見解を述べたいので述べちゃう。大丈夫、ネタバレは含まないと思われる。

Hotline Miami には意味深なところが妙につながりを見せて思わせぶる、という点がたくさんちりばめられている。そしてプレイヤーはあそこはこうだ、そこはこうだと楽しそうに議論している。そんなプレイヤー達を横目にこのゲームの作者二人は「結局みんな殺戮を楽しんでんだよ。」と意地悪に思っているんじゃなかろうか。

 実際筆者も狂気のルーティンワークを良くわかんないけど楽しんでいた。一種の爽快感、疾走感を感じていた。
主人公がマスクを被り仮の姿となって狂気の行動をしていた様に、プレイヤーも主人公を操って殺戮を繰り返した。現実社会ではそんなことできない。だからまったく自分に責任がかかってこない仮の姿になれば、大好きな殺戮ができるじゃあねぇか。主人公だってマスクを被ることで捕まらずに毎日殺戮ができていた。おまんも主人公に責任を擦り付けてボタンひとつでできる殺戮を楽しんでいる!てめぇら本当は殺戮が大好きなんだよ!! てな具合に。

このゲームには"Inner Animal"(内なる動物性)というかっこいい曲がある。こんな曲に乗せてプレイヤーの脳髄めがけて内なる動物性を刺激し、狂気の衝動に駆らさせる。


"The world is yours"(世界はあなたのもの)。


いやー深く考えれば考えるほどいぢわるなゲームですねこりゃ。深読みしすぎですかね。
とにかく最初は深く考えないでプレイすることをお勧めします。本当に面白い、よくできたゲームですから。



あなたが思うこのゲームの答えとは



過激派脳髄刺激ゲームの購入は Steam もしくは GOG で!


 

 Hotlinemiami はインディーズゲームらしく、ダウンロード販売のみ。ご購入は Steam もしくは GOG で。 定価は$9.99 USD。

Steam での購入はセール中であれば半額で買えることも。GOGでの購入では wallpaper やavatar なんかがついてくる。


 オトナの皆さんはマイアミへの小旅行的な気分で日常生活との乖離を図ってみよう。


by  UNJIRO



2013年8月8日 掲載

Hotline Miami 考察」へ