記事一覧

GAME


0 A.D.

ArmAU

FF XIV

FF XIV ボス紹介 @

FF XIV ボス紹介 A

FF XIV ボス紹介 B

FF XIV ボス紹介 C

FF XIV モンク

FF XIV 竜騎士

FUEL

Hotline Miami @

Hotline Miami A

Legend of Grimrock @

Legend of Grimrock A

TERA 解説 @

TERA 解説 A

TERA ボス紹介 @

TERA ボス紹介 A

TERA ボス紹介 B

TERA おぱんつ紹介

TERA 水着紹介

Thief Deadly Shadows


MOVIE


SCARFACE

Sonatine

Game of Thrones


BOOK


ONE PIECE 『Dの謎』

ONE PIECEA ドラゴン

うちの居候が世界を掌握している!

うちの居候が世界を掌握している!2巻

うちの居候が世界を掌握している!3巻

うちの居候が世界を掌握している!3.5巻

うちの居候が世界を掌握している!4巻

うちの居候が世界を掌握している!5巻

最弱無敗の神装機竜

最弱無敗の神装機竜2

すべてがFになる

冷たい密室と博士たち

マギ

盟約のリヴァイアサン

盟約のリヴァイアサン2

盟約のリヴァイアサン3


BRAND


DENHAM

Spring Court

ゴルフクラブ


BAND


Rammstein

the GazettE

SID(シド)



-各50音順-

0 A.D. のススメ =文明編=


2013年7月7日


(PC: Windows/Mac/Linux対応)
〜オープンソースの無料RTS。久しぶりにRTSで熱くなろう〜 


どうも皆さん、「夜通しキャンプファイヤー」でのAB型担当、フォウッ!UNJIROです。
今回はWildfire Gamesが中心に開発しているRTS(リアルタイムストラテジー)、「0 A.D.(ゼロ エーディー)」についてあれこれ述べていきたいと思います。

オープンソースの無料ゲームであり、開発も絶賛進行中。現在アルファ版とあってまだまだ未実装のコンテンツもありますが、RTS、歴史好きにはたまらないゲームなので皆さんもやってみましょう。無料だし。

今回は文明解説が主ですぞ。フォウッ!





もともとAoEのModとしてスタートしたプロジェクト。その後スタンドアロン化!





公式HP 

※ 記事執筆時のバージョンは Alpha 13 です ※

0 A.D. Japan 



 Wildlife Games は、かの有名な王道歴史RTS、AoE2(Age of Empires2)のMod製作スタジオとして旗揚げされた。「0 A.D.」はModコンセプトとして産声を上げ、後にオープンソース、マルチOSの無料スタンドアロン版としてリリースされた。現在も開発中であり定期的に新バージョンもリリースされている。ちなみに日本語化は一切されていない。

 Botも内蔵されているので1人でもできるぞ。けどメインはやっぱり対人戦だ。IPアドレス直打ちのマルチプレイが可能である。


 もともとAoE2のModを製作していたとあって、ゲームのシステムや流れはAoE2のそれに極めて近い。資源も4種類だ。だがオリジナルの要素も多いのでまずAoE2との大きな相違点を挙げていこう。

「AoEって何だし?ってかRTSって何だし!?」って方は各々じっくり学びましょう。



 大きく違うのはこれぐらい。細かいところを挙げ始めるとキリが無いのであとはプレイして慣れよう。

 操作方法もほぼ一緒なのでRTSに慣れている方はすんなり入っていけるだろう。

 


やっぱり楽しい文明選び。


 

 



 歴史RTSで1番楽しい悩みといえば文明選びだろう。「0 A.D.」にも様々な文明が登場し、それぞれが異彩を放っている。現在10種類あり、中にはコンセプトど真ん中の文明もあるのでいってみましょう。



Carthage

・Carthaginians(カルタゴ)



 カルタゴは海軍、陸軍ともに強め。特にWar Elephant(軍用象)は強力で範囲攻撃かつ建物にも追加ダメージとなかなかの怖いもの知らずぶり。AoE2やってた人は槍兵のせいで象さんが弱いイメージあるかもしれないが、今作ではわりかし強いぞ。

 カルタゴの弱点としては全体的にコストが高いことか。 象さん含め速攻には向かない。



Celtic factions(ケルト派)


 ケルト派からは2つの文明がエントリー。ケルト派は総じて海軍が弱い。しかし、建物は主に木造で低コストかつ高スピードで建設可能。木造ゆえに建物のHPは低め。防衛よりも速攻に向いている。見た目もワイルディ。


・Britons(ブリトン)



 ブリトンはLongswordsmenを中心とした歩兵の白兵戦が得意。ちなみにロングボウ的なユニットはいないし射程ユニットはあんまし強くないぞ。そして犬小屋を建てると軍用犬を育成できるようになる。

 わんちゃんとともに即効性を生かしてなだれこもう。


・Gauls(ガリア



 ガリアは重装歩兵と騎兵を絡めた速攻が得意。また畑の効率が上がっている。さらに効率が上がる独自の建物を建てることができるが、現在は意味の無い建物となってしまっている。

 騎兵と歩兵で素早くいやらしくかつ妖艶に攻め立てよう。



Hellenic factions(ギリシア派)


 ギリシア派からも2つの文明がエントリー。ギリシア派は総じて建物が硬く、またテクノロジーの研究費用が安い。戦闘面では槍兵が強く、槍兵で陣形を組むと正面に対しての戦闘が有利になる特殊陣形が組める。知的な派閥。


・Athenians(アテナイ



 海軍が強力。巨大な戦艦は一隻で海域の状況を一変するほど。陸では槍兵が強い。槍兵のみをグループ化し、特殊陣形を組んで敵を正面から迎え撃とう。騎兵も弱くないので槍兵で敵を受け流した後騎兵で一気に流れ込む、カウンターなんか決めた日にゃあ顔が緩みっぱなしだろう。

 また円形劇場などブルジョアな建物も建てれるぞ。


・Macedonians(マケドニア



 槍兵を中心とした歩兵、騎兵、攻城兵器が強力な陸軍国家。特に攻城兵器は強力でラム(破城槌)からバリスタ、はたまた壁越え兵器まで作成可能。 戦力を溜め込ませたら随一か。



Sparta

・Spartans(スパルタ)



 みんな大好きスパルタン!英雄ユニットとして映画「300」でおなじみのレオニダス一世を作成可能!!

 特徴として近接歩兵がものすごく強い。それ以外は弱い。という漢の文明。また槍兵の陣形も組める。

 陣形組んでレオニダスを先頭に「フォウ!フォウ!」とボイスチャットで宣戦布告しながら敵陣地へ突き進もう。



Iberia

・Iberians(イベリア)



 イベリアはゲーム開始時に街の周りに城壁が作成される、安心設計。

 また歩兵射程ユニットの動きが早く、射程ユニット全般が建物を攻撃すると火矢となって追加ダメージを与えることができる。 射程文明。



Maurya

・Mauryans(マウリヤ)



 マウリヤは非常にクセのある文明だ。まさに象ありき。

 まず最初からWorker Elephantという象さんがいる。この象さんは2つの役割がある。まず1つ目に建物の建設/修繕を手伝うことができる。しかもかなりの早さになる。そして2つ目は資源をこの象さんにしまうことができる。つまり移動式貯蔵庫だ。野営地を作ってこの象さんを連れて行くと、貯めてる歩兵が効率よく資源を採取したりできる。

 またマウリヤは攻城兵器を一切作ることができない。変わりに軍用象を2種類作成できる。

 象さんは食料をものすごく食うので食料を大目に採取するようにしよう。さもないと目も当てられなくなってしまうほど、象ありきの文明なのだ。



Persian

・Persians(ペルシア)



 ペルシアは接近歩兵はすこぶる弱いが、射程ユニット全般と騎兵が強い。特に騎兵は強力で公式にも「高価で最強の騎士を持っている」とある。作成できるチャリオットの中には馬を4頭もつれているものも。また、英雄ユニットは槍兵をその場で作成できる。

 そしてトーマスのような愛らしい造形をしたラムもあるぞ。



Roman Republic

・Romans(ローマ)



 ローマはゲーム内最強クラスの剣士と強力な攻城兵器を併せ持つ、土方国家。

 射程ユニットが攻城兵器以外弱いが、明確に強いユニットが決まっているため扱いやすい文明となっている。

 さらに、"City Phase"で建てれるようになる Castra Vellum という戦士育成所は自分の国境外でも建設できる。たとえ敵の国境内であろうとも。この建物を生かして敵の目をかいくぐり、剣士で奇襲を仕掛けよう。

 

 以上、10種類の文明を簡単に紹介しました。あなたのマイ文明はどれかな?

 ちなみに今後のアップデートで大幅に変わるかもしれない。





まだまだ未完成。だがすでに光るポイント多数!



 プロジェクト自体が2010年からということもあってPCの要求スペックは低め。

 「0 A.D.」はまだ未完成だ。AIはおバカさんだし、文明の強弱のバランスも悪い。だってまだアルファ版だもの。急にカクついたり極稀にエラーを吐き出したりするのはご愛嬌だ。

 だが既に「0 A.D.」独自の光るポイントが多数見える。無料オープンソースとして未だにアップデートし続けているのは本当にWildfire Games の方々には頭が下がる。久しぶりにRTSをやると本当に楽しい。皆さんも開発陣の方々に感謝しつつ、「0 A.D.」思う存分楽しもうではないか。だって無料なんだもの。


 日本での知名度はほとんどなさそうなので、この記事が少しでも皆さんに興味を持っていただける手助けになればと思います。みんなやろうぜ!


 次書くときはもうちょっと突っ込んでみようかなと思います。

 ダウンロードは公式HPで!


 ご清聴ありがとうございました!



by UNJIRO


2013年9月8日 始動

0 A.D. Japan」へ