記事一覧

GAME


0 A.D.

ArmAU

FF XIV

FF XIV ボス紹介 @

FF XIV ボス紹介 A

FF XIV ボス紹介 B

FF XIV ボス紹介 C

FF XIV モンク

FF XIV 竜騎士

FUEL

Hotline Miami @

Hotline Miami A

Legend of Grimrock @

Legend of Grimrock A

TERA 解説 @

TERA 解説 A

TERA ボス紹介 @

TERA ボス紹介 A

TERA ボス紹介 B

TERA おぱんつ紹介

TERA 水着紹介

Thief Deadly Shadows


MOVIE


SCARFACE

Sonatine

Game of Thrones


BOOK


ONE PIECE 『Dの謎』

ONE PIECEA ドラゴン

うちの居候が世界を掌握している!

うちの居候が世界を掌握している!2巻

うちの居候が世界を掌握している!3巻

うちの居候が世界を掌握している!3.5巻

うちの居候が世界を掌握している!4巻

うちの居候が世界を掌握している!5巻

最弱無敗の神装機竜

最弱無敗の神装機竜2

すべてがFになる

冷たい密室と博士たち

マギ

盟約のリヴァイアサン

盟約のリヴァイアサン2

盟約のリヴァイアサン3


BRAND


DENHAM

Spring Court

ゴルフクラブ


BAND


Rammstein

the GazettE

SID(シド)



-各50音順-

『すべてがFになる 〜THE PERFECT INSIDER〜』 解説


2013年8月3日


小説
〜Fとは何ぞや〜 



 皆さん、こんにちわぁ!!「夜通しキャンプファイヤー」A型担当、痔漏=ラモです。

 今回、痔漏=ラモが好き勝手に紹介したいものは小説『すべてがFになる』です。

 著者はスカイ・クロラでおなじみの森博嗣先生。元名古屋大学助教授で現在は小説家であり、工学博士でもあります。

 そんな彼が書いたデビュー作『すべてがFになる』を今回は解説していきたいと思います。(多少ネタバレあり)





主要登場人物






犀川 創平

※画像はイメージです。

《S&Mシリーズ》のSの担当(ただのイニシャル)


  • 国立N大学建築学科の助教授。このシリーズの探偵役。『すべてがFになる』の
    時点で32歳。

  • アルコールは苦手で、あんこが嫌い。コーヒーはホットのブラックしか飲まない。

  • 好物はハンバーグのような子供の好きな食べ物のほとんど。

  • 毎日腕時計の時刻あわせを日課にしている。

  • 物事に対する興味の度合いが両極端で、必要がなく、興味のないことには一切
    関わろうとしない。

  • だから、新聞も読まないし、テレビも見ない。

  • 真相に気がついていても、他から解説を促されないと説明しないでそのまま放
    置している。

  • しかし興味のある分野にはその力を遺憾なく発揮する。話の途中にジョークを
    はさむこともあるが、シリアスな場面などに用いられる為、その内容は聞き手に
    理解されないことが多い。

  • 作中では、まず考える対象や方向性を定めてからそれを集中して考察し、結論
    を得るタイプ。




西之園 萌絵

※画像はイメージです。

《S&Mシリーズ》のMの担当(ただのイニシャル) 


  • 本作のヒロインその1。

  • 国立N大学工学部建築学科1年生。『すべてがFになる』の時点で19歳。

  • 周囲の一目を集める程の美女。コーヒーはブラック派でも猫舌。ミステリー研所
    属。

  • 犀川のことが好き。

  • 元N大総長の父親、愛知県警本部長の叔父、愛知県知事夫人の叔母をはじめ
    親類に要人が多い、非常に裕福な名家の生まれである。

  • 16歳のときに両親を航空機事故で亡くしている。

  • この事故を、当時父親の愛弟子であった犀川と共に、空港で直接目撃してお
    り、

  • その経験はその後の彼女の生活・言動に大きな影響を与えた。

  • 頭脳明晰で成績優秀だが極端に知識に偏りがある部分が存在しており、

  • 焼肉のたれが売っていることも知らない、焼きそばを食べたことがない。

  • 両親の遺産である高層マンションを所有し、その最上階の21・22階に住んでい
    る。

  • 執事の諏訪野と愛犬シェットランド・シープドッグの都馬と同居中。

  • 優れた洞察力と観察力を持ち、驚異的な計算能力を有している為、

  • 与えられた材料から全ての可能性をしらみつぶしに計算するタイプ。




真賀田 四季

※画像はイメージです。


  • 「人類のうちで最も神に近い」と言われる天才。本作のヒロインその2

  • プログラマー。多重人格者。『すべてがFになる』の時点で29歳。

  • 情報工学、特に仮想現実(バーチャルリアリティ)、人工知能の領域で研究実績
    がある。

  • 幼い頃から天才プログラマーとして有名であったが、14歳の時に両親を殺害し
    たという容疑で裁判にかけられる。

  • しかし、心神喪失状態と判断され、無罪となる。

  • この事件以後、15年間研究所のある妃真加島に閉じこもっている。




主要登場人物



 話は真賀田四季と西之園萌絵のテレビ会談から始まります。

 後日、犀川に萌絵がその時の話をして、それを犀川か羨みます。

そこから、萌絵のお節介で犀川研究室の夏のゼミ旅行が愛知県にある妃真加島(ひまかじま・架空)になります。もちろんその旅行には萌絵もついて来ます。


 妃真加島にはその所有者である真賀田家が設立した真賀田研究所があります。真賀田四季はそこにいます。萌絵との会談もそこで行われました。

 真賀田研究所には優秀な研究者が集い、日々研究に没頭し、彼らなりの生活形態とそれが受け入れられる環境で研究を進めていました。その頂点に君臨するのが、真賀田四季博士です。彼女は現存する最高の天才で、研究所の活動の中心人物でもありました。

 そしてまた彼女は過去に犯した殺人によっても有名人物であり、研究所の一画に隔離されている存在でもありました。


 島を訪れた夜、萌絵に騙される形で犀川と萌絵はアポなしで研究所を訪れます。そこで両手足を切断され、ウエディングドレスを着た真賀田四季と再会することになります。(死体)

 そこからこの事件は始まります。「天才」真賀田四季が作り上げた完璧なセキュリティの中でどのようにして殺されたのか??

 なぜ殺されないといけなかったのか??結局題名のFとは何なのか??




感想



 痔漏=ラモはこの作品に出会うまで、ライトノベルとか漫画とかエロゲーが大好きでしたw

 今でもラノベは大好きです。しかしこの作品に出会ってから、普通の小説も面白いということに気づきました。痔漏=ラモにとって『すべてがFになる』という作品は新しい扉を開けてくれた存在です。


 『すべてがFになる』の何が魅力的かと言うと、キャラクターとトリックですかね。


 痔漏=ラモは犀川創平の推理が一番かっこ良くて凄く好きですし、なんと言っても非常にスカッとします!!それに、犀川創平と西之園萌絵...このかなり変わった二人のやり取りや恋愛模様が見ていて非常に面白いのでどんどん引き込まれていきます。

 ミステリーに全く関心がない人でも恋愛小説だと思って読んでもらえれば結構楽しく読めるかもしれません。


 そして、なんといっても欠かせないのが真賀田四季の存在です。この天才が「何を考えているのか」...はっきり言って全くわかりませんw

 しかし、言葉では言い表せない変な魅力があり、謎でしかありませんw 読んでみればわかります。


 また、ジャンルは理系ミステリーですが、哲学的なことを色々考えさせられる小説でもあります。


 人間とは何か??生きるとは何か??生きているとは何か??


 こういったことを科学的な視点から捉えている作品でもあると思います。



 トリックに関してはやっぱり理系ミステリーということで、理系関係のことが色々出てきます。この『すべてがFになる』では、主にプログラミングを使ったトリックが出てきますね。

 はっきり言って、パソコン触らない人とか、文系の人にはチンプンカンプンですかね。


 しかし!!


 そんな理系トリックよりも衝撃的なトリックがまだ隠されています。

 これはホントに初めて読んだときは驚きましたw

 内容は絶対言いたくないけど、よく思いついたなと思わされました。

 てか、何考えてるんだろうって感じかな?? それぐらい衝撃的でした!!


 だから、理系じゃなくても十分楽しめる作品でもあると思います。




シリーズ紹介



 この『すべてがFになる』は犀川創平と西之園萌絵こと《S&Mシリーズ》の第一作目です。

 このシリーズは全十作で、他にも同じ時間軸の話である、

《Vシリーズ》・《Gシリーズ》・《Xシリーズ》・《四季シリーズ》 があります。


 シリーズごとに主要登場人物はそれぞれ違いますが、他のシリーズの人物がたまに出てきたりするのでどのシリーズがどこでかみ合ってくるのかがわかったりします。

 そこが痔漏=ラモ的には面白いと思ってるポイントでもありますね。


 まぁ、他のシリーズについてもそのうち紹介しますので待っててくださいね!!




その他の情報



 『すべてがFになる』は映画化されるみたいな話が昔あったそうです。でも、なんかその話は流れたみたいですね。

 もし今その話が生きているなら、内容的に今のご時世で映画化とか出来るのか疑問w


 しかし!!


 なんと漫画化とゲーム化はされていましたw


作成元:KID

作画:浅田虎ヲ

幻冬舎コミックス



 活字が嫌いだとか漫画なら...ゲームなら...みたいな人は読んでだりPLAYしてみてねw

 はっきり言って痔漏=ラモはあんま興味なかったりw

 それはなぜかと言うと、原作が一番だと思うからですね。よく小説を映画化したものがありますが、そんな映画を見てみると変なアレンジを加えていたりとかしていることが多いですね。

 それに、映画は時間が限られている為か、色々な場面を省いてしまっていることが多いですね。だから、小説の見たい場面が見れなかったりするのです...

 そんな理由から痔漏=ラモは原作が1番だと思っています!!





 こんな感じで興味は持てたでしょうか??まぁ、興味があったら読んでみてねw


 よろしく!! では、また(^_^)/~





by 痔漏=ラモ